【国産クラフトジンが飲める店】Bar.軒先@新宿二丁目~ショットグラスでも愉しめるスピリッツを求めて

こんにちは。マザーバインズ&グローサリーズ株式会社の丹羽(にわ)です。

前回、ご紹介させていただいた「BAR PATCHWORK」様からのご紹介で国産クラフトジンを採用いただいた、新宿二丁目の「Bar.軒先」代表のKatsu‼様にもお話を伺いました。

「Bar.軒先」は、不動産会社のフタミ商事様のまさに軒先に作られた立ち飲みバーであり、昼間は新宿二丁目で飲食店を開業されたいお客様向けのショールームとして機能しています。

新宿二丁目「Bar.軒先」代表のKatsu!!様と積丹スピリットの商品

テキーラに代わりショットグラスで愉しめる商品を求めて

積丹ジンがすっかり人気のようですね。ショットグラスで提供されようと思ったきっかけを教えていただけますか。

この界隈では「ショットグラスで飲む」と言えばテキーラ一択でした。積丹ジンは、どのシリーズも様々なボタニカルの香りが豊かで、それでいて繊細な味わいがとても気に入りました。そこで、この味わいや香りを直に楽しんでもらいたいという気持ちで提供し始めたのがきっかけです。

一般的にはソーダやトニックなどの炭酸割りや、カクテルでの提供が一般的かと思います。ショットグラスでジンは新しいですね!

決して上品なご提供の方法ではないかもしれませんし、ディストラリーの方々にとっては失礼にあたるかもしれません。ただ、テキーラを飲んだ後に顔をしかめる方も「これなら飲める、すごく美味しい」、「飲んだ後の鼻を抜ける香りが好き」など嬉しい声も沢山いただいていおります。そのお陰で、割りもの代はかかりませんしね(笑)バンバン!オーダーが入りますよ!

以前、積丹スピリット代表の岩井様と岩崎蒸留長を、こちらにお連れしたことがあり、その際に岩崎様から「わたしは氷をひとつ入れてロックで飲む事が多いんですが、どうぞ!飲み方もご自由に楽しんでください」とお声がけいただきました。

今後もお客様には、冷凍庫でキンキンに冷えたジンをショットグラスで提供させていただきます。ぜひ、お越しください!

関連記事:積丹スピリット様のご紹介~弊社が企画段階から商品化までお手伝いをさせていただきました~

積丹スピリット様をきっかけに追加発注

国産クラフトジンの魅力や提供方法を改めて知る事のできた、積丹スピリット様の商品をきっかけに、サクラオブルワリーアンドディスティラリー様の商品も追加のご発注をいただいております。

新宿二丁目「Bar.軒先」Katsu‼代表とサクラオブルワリーアンドディスティラリー様の商品

現在は、積丹スピリット様のKIBOU、KIBOU BLUE、BOUQUET LIQUEUR HAMANASUに加え、サクラオブルワリーアンドディスティラリー様のSAKURAO GIN ORIGINAL、シングルモルトウイスキー 桜尾をオンリストいただいております。

関連リンク

Instagram:Bar.軒先
関連商品ページ:KIBOU 500ML / BLUE 500ML / BOUQUET LIQUEUR HAMANASU 500ML / サクラオブルワリーアンドディスティラリー / SAKURAO GIN ORIGINAL / シングルモルトウイスキー 桜尾

勢いを感じる国産クラフトジン

今では居酒屋のメニューにも当たり前の様に並ぶ国産クラフトジンですが、弊社取扱いのディストラリーの商品も、とても繊細かつ丁寧に作られております。まさに「クラフト」という名に相応しい作品ばかりなので、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

日本ワインや国産クラフトジンのお取り扱いをご希望の方は、以下よりご連絡ください。

お問い合わせフォーム